ミズキ家のbeauty事情

母は敏感肌・娘はアトピー 。コスメ・美容のクチコミブログ。

ダーマメディコ UVプロテクトミルクを使ってみた感想と全成分!日焼け止めが苦手な人にも◎

スポンサーリンク

こんばんは。
今回は値段が高くても買ってよかったと思ってる医療機関取扱ブランドのダーマメディコ UVプロテクトミルクについて。とにかく肌馴染みが良いから塗りやすい。忙しい朝でもパパッと塗れて白浮きなしです。


改めてレポを書くために写真も撮りなおしました。



30ml ¥3000(税抜)

UVプロテクトミルクはノンケミカルなのですがSPF50+ PA++++という国内最高の高い紫外線防御率なのが特徴です。それでいて低刺激。さらに安定型油溶性ビタミンC誘導体も配合されていてエイジングケアも意識しているというハイスペックな日焼け止めです。



こういうドクターズコスメの日焼け止めって、けっこう使用感が良いものが多いのですが、そんな中でもダーマメディコのUVプロテクトミルクは洗練された使用感です。


こちらは現在も使用中なので詳しく使用感を書いていきますねー。


軽く撫でるだけで白浮きなし

冒頭にも書きましたが、このUVプロテクトミルクは本当に肌馴染みが良いので広範囲にもラクラク塗れちゃいます。


わりとサラッとした液体でとても伸びが良いです。なので広範囲にもスルスルと広げることができるの。


テクスチャがわかりやすいように腕の内側に塗って写メを撮りました。まずはUVプロテクトミルクを1本線に出します。


そして広げます↓


軽く撫でると、もう肌になじんで白浮きは全くなし↓


このレビュー用の写真を撮った日に、他の日焼け止めも3種類くらい腕の内側に塗って写真撮影したのですが(いつくかはドクターズコスメ)やっぱりダーマメディコのUVプロテクトミルクが1番、軽く撫でるだけで肌に馴染みました。


ベタつきも全くないし、日焼け止め特有の重さもないのが◎だけど適度にしっとり感もあるので乾燥肌でもカサカサしたり突っ張ったりしません。日焼け止めが苦手な人でも、わりと使いやすいと思います。


UVプロテクトミルクの落とし方

容器に落とし方が書いてないので(ひょっとしたら箱に書いてたのかもしれないけどスグに捨てちゃったので)ダーマメディコの会社に問い合わせて聞いてみました。


UVプロテクトミルクはウォータープルーフ処方で汗・水に強い処方になってますが、落とす時は石鹸やボディソープでOKだそうです。クレンジングの必要はないとのこと。


たしかに、いつも通りボディソープで洗っただけで、ちゃんと落ちてる感覚はします。そういうところもラクで良い◎


化粧下地として使った場合

UVプロテクトミルクは化粧下地としても使えるのですが、私、普段は日焼け止めを化粧下地として使う習慣がないのでレビューを書くにあたって3日間ほどUVプロテクトミルクを化粧下地として使ってみました。


これは手持ちのファンデやBBとの相性があるので一概には言えませんが、意外と化粧持ちが良かったです。


私は乾燥肌ですが顔に塗った場合もスルスルと伸びて適度にしっとりしました。いまホルモンバランスが崩れて肌が敏感に傾いてますが、一日中つけていても刺激はなし。肌が疲れてるという感覚もないので化粧下地として使うのもアリだなと思いましたよ。




全成分とダーマメディコの記事一覧

全成分はこちら

成分が気になる方もいらっしゃると思うので全成分を載せておきます。

水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、ジメチコン、パルミチン酸エチルヘキシル、BG、酸化チタン、グリセリン、マイカ、メタクリル酸メチルクロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ジカプリン酸ネオペンチレングリコール、PEG-3ジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、シリカ、セスキオレイン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、含水シリカ、ルフィチルリチン酸2K、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トコフェノール、トリメチルシロキシケイ酸、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル


ダーマメディコの関連記事はこちら

ダーマメディコ製品のレポが増え次第、こちらに追記していきまーす。

www.mizukiray.net
www.mizukiray.net
www.mizukiray.net


それでは長くなりましたが読んでくれてありがとう。またー。