ミズキ家のbeauty事情

母は敏感肌・娘はアトピー 。コスメ・美容のクチコミブログ。

DHC薬用レチノAエッセンスで開き毛穴がマシになったけど敏感肌だと使い方に注意が必要

スポンサーリンク

こんばんは。
今回はDHCのヒット美容液レチノAエッセンスについてなのですが、前にやっていた美容ブログに書こうと思って一眼レフで気合い入れて撮影したけど訳あってお蔵入りになったもの。


薬用レチノAエッセンスはレチノール(ビタミンA)を配合した部分用美容液で、シワ、ほうれい線、開き毛穴、たるみ毛穴に効果的に働きかけてくれます。レチノールは肌の弾力を保つコラーゲンに働きかけてくれるので。



医薬部外品 5g×3 ¥3600(税抜)


中身はこんな感じ↓

(写真は一眼レフで撮影しています。このブログではiPhone撮影ばっかりでごめんなさい。)


このレチノAエッセンスを使いはじめてスグに開き毛穴に良い変化を感じたんですよ。それで毎日、気になる開き毛穴と、目頭の小じわに塗り塗りしてたら徐々に刺激を感じるようになったんです。


なので前にやってた美容ブログでは掲載せずにお蔵入りとなりました。


敏感肌向けの商品ではないので当たり前っちゃ当たり前ですが、敏感肌でもレチノAエッセンスを使ってみたい!って人も居てると思うので、敏感肌がレチノAエッセンスを使う場合の注意点などをまとめてみます。

まずレチノAエッセンスってどんな使い心地?

白くて柔らかいテクスチャの美容液なのですがベタつきは全くなし。みずみずしい使用感です。


手に取ってみるとこんな感じ↓


少量でとても良く伸びます。ほんと、かなり少量でOKなので意外とコスパは◎


使用感としては癖がなく万人ウケしそうな美容液です。レチノール以外にもオリーブバージンオイルやプラセンタなども配合されていて乾燥から肌を保護してくれる効果も。


使う順番としては通常のスキンケアを全て終わらせた後にレチノAエッセンスを塗り込みます。

なんで敏感肌だと気をつけないといけないの?

レチノールって肌のターンオーバーを促進する効果があるのですが、敏感肌って元々ターンオーバーが普通の人より早くて、まだ生きてる細胞が剥き出しになってる状態なんですよ。だから敏感肌は刺激を感じやすいのです。


その上、レチノールでさらにターンオーバーを早めると、さらに生きてる細胞が剥き出しになってしまって刺激を感じやすくなってしまいますよね。


なので敏感肌がレチノール配合の化粧品を使うときには肌の状態を良く見極めて注意しながら使う必要があるのです。

敏感肌がレチノAエッセンスを使う場合どんな注意が必要?

私の場合、毎日使うと刺激を感じたので週に2回ほどの使用にしました。それでも開き毛穴は使ってない頃と比べると良い状態をキープしてましたよ。


塗る時はほんの少量を伸ばすように。そして気になる部分にピンポイントで塗って、あまり広範囲に塗らないようにしていました。


皮膚の薄い目元への使用は敏感肌の場合は避けた方がベターだと思います。どうしても目元に使いたい場合はほんの少量を塗って様子を見てみて。そして毎日の使用は避けた方が◎



とにかく敏感肌がレチノAエッセンスを使う場合は肌の状態をよく観察しながら、使う頻度や量を調整して欲しいです。そして刺激を感じたらすぐに一旦、使用を中止することですね。


敏感肌向けの商品ではないので自己責任で注意しながら使う必要がありますが、上手く調整しながら使えれば気になる部分に積極的にアプローチできる優れもの。


最近はレチノAエッセンスを使ってないのですが、敏感肌とはいえ加齢によってターンオーバーはどんどん遅くなって行くと思うので、40代、50代になったらもっと良さを感じる商品だろうなと思います。


では、またー。